ミカホワイトの効果と歯の黄ばみが与える印象について紹介

ふと鏡を見たとき、自分の歯が黄ばんでいることに気がついた経験はありませんか?

最近では、感染症予防のためにマスクをする機会が多いです。しかし、口元を隠すことが習慣になっていると、マスクをしていなかったときよりも歯の黄ばみが気になるようになってくるため、ランチのときなどにマスクを外すことが恥ずかしいと思った方も多いはず。

歯の黄ばみが気になっている方の中には、歯医者やホワイトニングサロンでケアをしている方もいますが、費用が高額だったり定期的に通い続けなくてはならなかったりするため、途中で通うのをやめてしまう場合もあります。

そのような方におすすめなのが、モデルでタレントのアンミカさんが完全プロデュースしたホワイトニング歯磨き「ミカホワイト」です。

ミカホワイトは、「ホワイトニングをしながら歯磨きもできる」ホワイトニング歯磨きアイテムです。

一般的に売られているホワイトニング歯磨きアイテムは、歯を白くすると謳っているものの実際はホワイトニング成分が弱いため、それほど効果を感じられません。

しかし、ミカホワイトは厚生労働省が許可した有効成分を配合し、独自の美白ステップで輝くような白い歯に導きます。

この記事では、ミカホワイトの効果と歯の黄ばみが与える影響についてご紹介します。

ミカホワイトの効果とは?

効果

ミカホワイトは、一般的なホワイトニング歯磨きアイテムでは感じられないさまざまな効果を実感できるため、歯医者やホワイトニングサロンへ通うことが面倒な方におすすめです。

感染症が気になる今だからこそ、自宅で手軽にホワイトニングができるミカホワイトの効果が気になっている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、気になるミカホワイトの効果についてご紹介します。

ホワイトニング効果

歯の美白

ミカホワイトは、毎日の歯磨きで歯をホワイトニングする医薬部外品の歯磨きアイテムです。

独自の美白3ステップで歯の汚れや濁りを除去し、トラブルやリスクに負けない白く強い歯に導きます。

ミカホワイトの美白3ステップ

  1. 薬用成分PEG400が歯にこびりついた歯垢やステイン、汚れを徹底的に除去
  2. ヒドロキシアパタイトが歯の表面の目には見えない傷を埋めて汚れをつきにくくする
  3. ヒドロキシアパタイトが溶け出したミネラルや歯の表面のエナメル質を再石灰化

一般的なホワイトニング歯磨きアイテムは、歯を白くするために研磨剤を使用しているものが多く、毎日使い続けていると徐々に歯の表面が削れてデコボコになってしまいます。

するとそこに汚れが溜まりやすくなり、虫歯になりやすくなるだけでなく、着色汚れも取れにくくなってしまいます。

ミカホワイトは、一般的なホワイトニング歯磨きアイテムとは違い、研磨剤を使用していません。歯を傷つけずに歯の汚れを吸着することで、歯にダメージを与えずに白く強い歯に導くのです。

虫歯、歯周病、口臭ケア効果

虫歯ケア

ミカホワイトは、歯を白くするだけでなく虫歯や歯周病、口臭を予防する効果があります。

虫歯や歯周病、口臭の原因は、口腔内の悪玉菌です。口腔内にも腸内と同じように善玉菌と悪玉菌が存在しており、悪玉菌が増殖すると虫歯や歯周病の原因になるだけでなく、悪玉菌が作り出す臭気ガスにより、口臭が発生します。

ミカホワイトは薬用成分グリチルリチン酸2KやIPMP、チャエキス、クマザサエキスを配合し、悪玉菌を抑制することで口腔内の健康を守ります。

以下は、ミカホワイトに配合されている主な薬用成分の詳細です。

有効成分グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)

生薬の甘草の根茎や根から抽出されるグリチルリチン酸の水溶性を高めた成分で、炎症を抑える効果があります。

IPMP(イソプロピルメチルフェノール)

悪玉菌が産生するバイオフィルムへの浸透性に優れ、強い殺菌作用で悪玉菌の繁殖やトラブルリスクを低下させます。

チャエキス

お茶の葉から抽出されるフラボノイドの一種で、強い抗菌抗酸化作用、消臭効果がある成分です。

クマザサエキス

医薬品としても認められているクマザサエキスは、熊笹から抽出された葉緑素を豊富に含んでいます。抗菌作用で口臭の除去や口内炎、歯周病予防に効果を発揮します。

リフレッシュ効果

リフレッシュ

ミカホワイトは、タバコのヤニなどを落とし口腔内を浄化してくれるため、歯磨きしたあとはすっきりと爽快な気分になります。朝起きたときはもちろんのこと、朝食後やランチ後、1日の終わりにもミカホワイトで歯を磨いてみましょう。

アンミカさんは仕事柄、人と接する機会が多いため、いつでも歯磨きできるように外出するときもバッグにミカホワイトを入れているそうです。

ミカホワイトのパッケージはホワイト、ブルー、ピンク、グリーン、パープルの5色展開。どのカラーも高級感があり、いつでも持っていたくなる可愛さで気分も上がります。

忙しくて歯磨きする時間が取れないときは、同じミカシリーズの口臭ケアサプリ「ミカフレッシュ」を口に含み、気分を切り替えるのがおすすめです。

歯の黄ばみが与える印象とは

歯の黄ばみ

歯を白くしたいときはミカホワイトでケアするのがおすすめですが、そもそも歯の黄ばみがどの程度人の印象に影響を与えているのかご存知でしょうか。

ここでは、歯が黄ばんでいる人の印象と歯が黄ばみやすくなる生活習慣についてご紹介します。

歯が黄ばんでいる人の印象

歯の黄ばみ

人の顔の中心部分に位置する口元は、顔の印象を決める最も重要な部分です。歯が黄ばんでいるとそれだけで人にマイナスなイメージを強く与え、魅力が大幅にダウンしてしまうのです。

歯の白さは、眼球の白い部分と同じ程度の白さだとバランスがよいといわれており、歯の色がそれより黄ばんでいると、周囲の人に以下のようなマイナスなイメージを与えてしまうといわれています。

  • 実年齢よりも老けてみえる
  • 歯磨きをしていない
  • 自己管理ができていない
  • 性格が暗そう
  • 仕事ができない
  • 異性にモテない
  • 友達がいない

歯が黄ばんでいると実年齢よりも8歳以上老けてみえるというデータもあり、さらには基本的な生活習慣ができていないという印象を与えてしまう可能性もあります。

同じ顔で同じだけ仕事ができるなら歯の白い人を採用したい、という人事担当者もいるほど歯の色は人の印象を左右してしまうため、日頃からミカホワイトで歯の黄ばみをケアしておく必要があるのです。

歯が黄ばみやすくなる生活習慣

歯の黄ばみ

歯の黄ばみを意識してホワイトニング歯磨きアイテムを使用している方も多いですが、せっかくそのようなアイテムでケアをしても、普段の生活習慣を直さなければなかなか歯を白くすることはできません。

以下のような習慣がある方は、歯が黄ばみやすくなる傾向にあるので注意しましょう。

  • 紙タバコを吸っている
  • コーヒーや赤ワインをよく飲む
  • お茶をよく飲む
  • 水をあまり飲まない
  • チョコレートをよく食べる
  • 歯ブラシの毛先が広がってもすぐに変えない
  • 歯磨きの時間が3分以内

上記の生活習慣の中に当てはまる項目がある方は、常に歯が黄ばみやすい状態です。これらをできるだけ避けながらミカホワイトを使用することで、白い歯を手に入れやすくなります。

まとめ

ミカホワイトの効果と歯の黄ばみが与える影響についてご紹介しました。

歯の黄ばみは、笑顔をくすませてイメージを大幅に下げてしまう原因です。とくに仕事面でのマイナスは大きく、一緒に仕事をしたくないと思われてしまうこともあります。

反対に、歯が白いと人に好印象を与えられるだけでなく自分に自信をもてるので、仕事もプライベートも順調に進みます。

ミカホワイトは、豊富な有効成分の働きにより、歯を磨くだけで徐々に歯を白くする効果のあるホワイトニング歯磨きアイテムなので、歯の白さに自信がない方にぴったりです。

歯の表面についてしまったミクロの傷も修復してくれるため、汚れがつきにくくツルツルとした滑らかな歯に導き、虫歯になりにくくする効果もあります。

歯の黄ばみが気になっている方は、ぜひミカホワイトを試してみてくださいね。