篠原涼子になれる?シャンプーに求める効果と成分からわかるペルルセボンの実力

「髪の毛がゴワゴワする」「きちんとケアしているはずなのに潤いが足りない」

毎日自宅でしっかりとトリートメントや美容液でセルフケアしているはずなのに、なぜかまとまらない髪の毛。

実は、美しい髪の毛の鍵を握っているのは、トリートメントや美容液の前に行うシャンプーなのです。もちろん、トリートメントなどもごわついた髪の毛をサラサラにするために重要ですが、シャンプーの選び方によっては、せっかくのケアも台無しになってしまいます。

「ペルルセボン(Perle Savon)」は、美髪で有名な女優、篠原涼子さんがプロデュースしているシャンプー&トリートメントです。トリートメントをすれば、シャンプーはなんでも構わないと思っている方も、ペルルセボンのシャンプーを使ったら、その違いにきっと驚くことでしょう。

この記事では、シャンプーに求める効果と配合成分からわかるペルルセボンの実力についてご紹介します。シャンプー選びにお困りの方や、髪の毛にお悩みをお持ちの方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

シャンプーに求める効果

篠原涼子 シャンプー

昔から「髪は女の命」といわれるほど、その人の印象を決定づける重要な要素となっています。

最近では、おこもり美容の注目度も高まっており、自宅にいる時間が長いからこそ、髪質改善に力を入れている方も多いようです。

ここではまず、美髪に対する意識が高まる今、シャンプーに求める効果についてご紹介します。

仕上がりの良さ

篠原涼子 シャンプー

シャンプーの効果でもっとも求められるのが、仕上がりの良さです。

とくに女性は、髪の毛を乾かした後の仕上がりの良さを求める方が多く、サラサラ感や指通りの良さを重要視する傾向にあります。

たしかに、サラサラと揺れるツヤッとしたロングヘアは、非常に魅力的です。髪の毛の引っ掛かりがなくなることでダメージも防げるので、やはりサラサラな仕上がりは重要だといえるでしょう。

篠原涼子さんプロデュースのシャンプーは、髪と頭皮に優しくサラサラな仕上がりを重視したアイテムです。指通りのよいなめらかな手触りがお好みの方は、きっとその仕上がりにうっとりすることでしょう。

汚れの落ちやすさ

篠原涼子 シャンプー

シャンプーの役割は、毛髪に付着した汚れや整髪料、毛根部分の皮脂汚れなどを取り除き、清潔に保つことです。その本来の役割が果たされないと、頭皮のかゆみや薄毛の原因になることもあります。

とくに男性は、頭皮から分泌される皮脂量が多かったり、頭皮に近い部分に整髪料をつけたりすることから、さまざまな頭皮や頭髪のお悩みを抱えがちです。そのため、シャンプーは汚れの落ちやすさを一番に考えて選ぶ方が非常に多いようです。

最近では、美容に関する意識の高まりから、頭皮は皮脂が出やすく残りやすいことをご存知の方も多くなってきています。女性でも洗浄力を重視する方が増えている傾向にあるため、シャンプーに頭皮や毛髪をすっきりと洗い上げる力が求められているといえるでしょう。

泡立ち

篠原涼子 シャンプー

シャンプーをする際、泡立ちがよくないときちんと洗えていないように感じませんか?実際のところ、その感覚は大正解です。

そもそもシャンプーが泡立つことの役割は、泡が髪の間を通って洗浄成分が頭皮に届き広がりやすくすること。泡立っていないということは、頭皮までシャンプーがしっかりと行き届いていないことを示しているのです。

また、泡立ちの悪さは、汚れが残っている証拠でもあります。そのため、シャンプーに泡立ちを求めるのは、正しい判断であるといえるでしょう。

ペルルセボンは、髪をしっかりと洗えているとわかるくらいの適度な泡立ちが特徴です。泡立ちの悪さが気になるときは、2度洗いするとさらに頭皮を健やかに整えることができます。

肌へのやさしさ

篠原涼子 シャンプー

近年、シャンプーに求められる効果は増えてきており、汚れを落とすだけでなく肌へのやさしさも重要視されるようになってきています。

とくに敏感肌の方や、頭皮にニキビができやすい方が肌へのやさしさを気にせずシャンプーを選んでしまうと、頭皮トラブルが起こりやすくなってしまうことも。

健やかな頭皮と毛髪を保つためにも、肌へのやさしさはシャンプーに求められる重要な効果であるといえるでしょう。

ダメージ改善

篠原涼子 シャンプー

潤いのあるパサつきのない髪の毛は、清潔感はもちろん美人度も確実にアップします。その反対に、ダメージを受けたまま放置した髪の毛は、痛みや切れ毛の原因となり、パサパサ髪に一直線です。

近年では、日常的にヘアカラーやパーマを繰り返すことが当たり前となっているため、髪の毛がダメージを受けやすくなっている方も多いようです。雨の日や湿気の多い日は髪の毛が広がってボワボワになってしまうという方や、切れ毛でお悩みの方は、とくにダメージ改善効果を求める傾向にあります。

また、髪の毛だけでなく頭皮も紫外線などによって、日常的にダメージを受けやすい部分であるため、シャンプーを選ぶ際はダメージ改善効果も必然的に求められることになるでしょう。

配合成分からわかるペルルセボンの実力

ペルルセボン トリートメント

冒頭でもご紹介したように、ペルルセボンはデビューから30年を超え、ドラマや映画など常に第一線で活躍してきた、女優の篠原涼子さんがプロデュースしたシャンプー&トリートメントです。

篠原涼子さんのトレードマークといえば、黒髪に前髪なしのロングスタイル。真似できそうでなかなかできない美しさに憧れる女性も多いです。

かき上げてもボサボサにならない、篠原涼子さんの大人かわいいヘアスタイルの秘密をぎゅっと詰め込んだ、ペルルセボンの実力はどれほどのものなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、配合成分からわかるペルルセボンの実力についてご紹介します。

洗浄成分

篠原涼子 シャンプー

以下は、ペルルセボンのシャンプーに配合されている主な洗浄成分です。

  • コカミドプロピルビタイン(ヤシ由来):洗浄性を増大させる。キメの細かいクリーミーな泡質と泡安定性の向上。
  • コカミドDEA(ヤシ由来):洗浄性、泡立ち、泡質を強化し、安定性を向上させる。増粘効果が特徴。

上記の成分にオルフィン(C14-16)スルホン酸NaやココイルメチルタウリンNaなどをプラスし、さらなる泡質と洗浄性の向上が実現しました。

ただし、洗浄力が高いからといってパサついてしまうわけではありません。ペルルセボンに配合されている洗浄成分はパサつきを抑える低刺激仕様となっており、しっかりと汚れを落としつつ、髪に優しい処方となっています。

保湿成分

篠原涼子 シャンプー

以下は、ペルルセボンに配合されている主な保湿成分です。

  • グリコシルトレハロース(トウモロコシ由来):天然の保湿成分。細胞の保護や紫外線による細胞のダメージから肌を保護。しっとりしているのにべとつかない仕上がりが特徴。
  • 加水分解水添デンプン(トウモロコシ由来):高い安全性と水分保持力が特徴。紫外線に対するバリア機能、肌などの老化を防ぐアンチエイジング効果も期待できる。
  • 加水分解卵殻膜:卵の殻をもとに作られるタンパク質。毛髪に含まれるシステインの含有量を多くするのが特徴。保湿作用があり低刺激。

他にも、羊毛由来のケラチンなどを配合しており、キューティクルの保護や抗菌、軋み防止効果が期待できます。髪をしっかりと洗浄するとともに、これらの成分の高い保湿作用でダメージを広げません。

保護成分

篠原涼子 シャンプー

以下は、ペルルセボンに含まれる主な保護成分です。

  • ポリクオタニウム-10(植物由来):静電気防止、ヘアコンディショニング作用がある。すすぎや乾燥後の摩擦を低減し、くし通りをよくする。
  • クララ根エキス:抗真菌作用や抗アレルギー作用、抗フケ作用がある。また、紫外線から髪を守り、育毛作用も期待できる。漢方分野でも外用薬として皮膚炎に用いられる。
  • 茶葉エキス:抗菌、抗酸化、抗アレルギー作用がある。育毛、消臭効果も期待できる。

その他には、卵の薄皮由来の卵角膜による被膜効果で、外的ダメージから髪を守り、みかん由来のフラボノイドによる地肌の血行促進作用で健康的な頭皮環境が実現します。

まとめ

シャンプーに求める効果と配合成分からわかるペルルセボンの実力についてご紹介しました。

最近は、おうち時間の増加により、シャンプーやトリートメントに対するこだわりをもつ方も増えています。そのため、シャンプーに求められる効果も多様化しており、洗浄するだけではなく、それ以上の効果が期待されているようです。

篠原涼子さんが完全プロデュースしたペルルセボンは、1回の使用で11もの効果を実感できる処方となっており、これまでのシャンプーで実現できなかった高い効果を期待できます。

また、毛髪診断士も大絶賛のシャンプー&トリートメントで、篠原涼子さんがこだわりぬいた石鹸の香りで癒しのバスタイムを実現できます。

篠原涼子さんのような魅力的で美しい髪の毛を手に入れたい方は、ぜひペルルセボンのシャンプーを試してみてはいかがでしょうか。